I'm sorry. This site is written only in Japanese.

チャットのやり方

チャットは、みんなが次々に書き込みをしていく、掲示板のようなものです。
なにか質問をすれば、すぐに誰かが答えてくれますし、
一つのテーマについてみんなで話し合ったり、
実際に会う集まりの、打ち合わせができたりします。

次の4つの場面に分けて、説明をします。
1.入室する
2.発言をする
3.最新の画面を読み込む
4.退室する

1.入室する

チャットは、発言を何回も書き込むので、いちいち自分の名前を打ち込むのでは、面倒です。
そこで、最初に名前を登録しておけば、それ以後は名前を入力しなくても、
書き込んだ発言の最初に、自分の名前がくっついて、表示されるようになっています。
この、「自分の発言の最初につく名前」を登録することを、「入室する」といいます。

やり方は、自分の名前(本名でなくてかまいません)を、名前の記入欄に打ち込み、
「入室する」などと書いてあるボタンを、クリックするだけです。
この時、自分の発言を表示する色や、名前を表示する色などを、選べるチャットもあります。
この場合は、それらを選んでから、「入室する」というボタンを押してください。

2.発言をする

まず、入室したら、参加しているみなさんに、あいさつをしましょう。
発言欄に、「こんにちは、みなさん」というような、あいさつの言葉を入力し、
「発言」などと書いてあるボタンを、クリックします。
すると、今までの発言の一番上に、自分の名前と、今記入した内容とが、表示されます。

あとは、同じことのくり返しです。
画面に表示されている、ほかの人の発言を読みながら、
普通に会話を楽しむように、質問をしたり、お話しをしたり、してください。
その場合も、最初のあいさつと同じように、言いたいことを発言欄に記入し、
「発言」などと書いてあるボタンを、クリックします。
みんなの発言の一番上に、今書いた内容が表示されるのも、同じです。

なお、普通のおしゃべりと同じように、ほかの人の悪口を言うことや、
だれかとけんかになるような発言をすることは、さけた方がいいでしょう。
みんなが楽しくおしゃべりできるように、全員が気をつけるといいと思います。

ところで、何人かが入室している場合で、だれか一人に話しかけたいことがあります。
たとえば、自分のほかにAさん・Bさん・Cさんが入室していて、
Bさんにだけお話ししたい、あるいは質問したいという場合です。
この場合には、発言の最後に、『>Bさん』と付け加えます。
「あの件は、今度メールしますね。>Bさん」などという具合です。

この応用として、全員にあいさつする時に、『>ALL』などと付け加える場合があります。
「こんにちは。>ALL」などという感じです。

また、いくつかの話題が出ていて、そのうちの一つについて話したいこともあるでしょう。
そうした時、どの話題に関する発言か、みんなに分からないと困りますよね。
それから、少し前に出た話題について話したいことがあります。
この時も、少し前に出たあの話題だと、気付いてもらう必要があります。

こうした場合、どの話題についてなのかを、はっきりさせる方法があります。
それは、発言の最後に、『<なになにの話題』と付け加えるのです。
たとえば、空は青いという話題と、
ポストは赤いという話題と、
電信柱は高いという話題が話されているとして、
ポストが赤いという話題について発言したい場合は、
『私もそう思います<ポストが赤い』というように使います。

質問に答えてもらったり、情報を教えてもらったりした時は、
ひとことお礼を書き込んだ方が、話がスムーズに進むでしょう。

なれてきたら、新しく入室してきた人や、あまり発言していない人に、
質問したり話しかけたりして、できるだけ入室している全員が、
発言できるように気を配ってあげましょう。

3.最新の画面を読み込む

チャットは、次々にいろいろな人が発言していきますから、
どんどん書き込みが追加されていきます。
常にその時点での最新の状況を、自分の画面に読み込んでいかないと、
みんなの話題はどんどん進んでいるのに、自分だけがその内容を知らない、
などということになってしまいます。
そうならないためには、常に最新の画面を、読み込んでいかなければなりません。

この、最新の画面の読み込みを、自動的にやってくれるチャットもあります。
30秒ごとととか、1分ごととかに、自動的に画面を最新にしてくれるのです。
この場合には、ただ待っているだけで、画面は常に、最新の状況を表示してくれます。
なお、次に読み込むまでの秒数を、自分で選べるチャットもあります。
その場合は、自分にとって一番つごうの良い間隔を、選んでおいてください。

最新の内容を、自動的に読み込んでくれないチャットの場合、
ある程度時間が経過したら、発言欄には何も記入しないで、
「発言」あるいは「更新」と書かれたボタンを、クリックしてください。
いちいち自分でクリックしないといけないのは、面倒ですが、
発言欄に記入している時に、いきなり新しい内容に置き換わったりすることがなく、
自分のペースで読み込めるという点で、メリットがあります。

4.退室する

そろそろチャットを終わりにしようと思ったら、
まず、いままで付き合ってくれたみんなに、あいさつをしましょう。

チャットから引き上げることを、よく、「落ちる」と言います。
「眠くなったので、そろそろ落ちます。」などというように使います。
もちろん、「そろそろ失礼します。」など、普通の言葉を使っても、かまいません。

そのあとで、お礼を言いましょう。
「今日は本当に、どうもありがとうございました。>ALL」などという感じです。
そのあとに、もう一度「さようなら」というように、発言してもいいと思います。

あいさつが終わったら、「退室する」などと書いてあるボタンを、クリックします。
そして、これでチャットの画面から移動することになります。
「これで終わりです」というような画面に移る場合もあれば、
そのサイトのトップのページへ移動することもあります。
いずれにしても、これで今回のチャットは、終了です。

チャットに戻る

本田小百合情報局のトップに戻る